お知らせ

■コロナウィルス対策(第10弾) 2021年10月10日付け

神奈川県の「特措法に基づく緊急事態措置」(9月30日)解除となりますが、当社としては、コロナ感染への対策を継続いたします。お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。

(1)営業時間(原則):午前10時~午後4時、(2)必要に応じて事務所に出勤(出社人数の制限など)、(3)対面での対応の自粛(主として電子メールでの対応。対面での対応時はマスク着用)

 

会社案内

名称   有限会社サーフクリーン

設立   2005年1月
代表者  代表取締役 加藤聖隆
資本金  3,000,000円
主な事業 1.有償加工処理サービス
       1)真空プラズマ処理
       2)大気圧プラズマ処理
       3)その他の表面処理
     2.プラズマプロセス技術開発支援(コンサルティング)

住所
〒252-0131
神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30 
さがみはら産業創造センター2211号室

アクセスマップ

電話 : 042-770-9751
FAX: 042-770-9424
Email : contact[at mark] surfclean.co.jp ([at mark]を@として送付ください)

SIC-2 R&D Lab.(当社事務所は2階むかって左端、2211号室)

 

 

 

サービス概要

主なプラズマ処理技術を紹介いたします。PDFをクリックすると技術情報を見ることができます。

1.デスカム処理 現像残渣除去および濡れ性改善により微細加工を実現します PDF

2.デスミア処理 小径のビアにおけるドライデスミア処理

3.濡れ性改善 テフロン樹脂などの表面濡れ性改善 PDF

4.メッキ前処理 現像残渣除去によるメッキの品質向上 PDF

5.その他:樹脂バリ取り エンジニアリングプラスチック材などのバリ取り PDF

Surfclean Inc., All Rights Reserved

プラズマ装置紹介

当社で用いている主なプラズマ処理装置を紹介します。

真空プラズマ処理装置(マイクロ波ダウンフロープラズマを採用)

酸素ガスとCF4ガスとの混合ガスを、真空下にてマイクロ波の電力でプラズマ化(電離)しています。生成されたプラズマ中で解離された酸素ラジカルを、輸送過程で均一なラジカルの流れに変え、ラジカルをワーク表面に均一に到達させることで、均一性が高い処理を実現しています。

【特徴①】ワークを水平に搬送するスキャン式プラズマ処理技術により、従来のバッチ式プラズマ処理装置よりも、より均一な処理(均一なエッチング速度など)を実現しています。

【特徴②】マイクロ波ダウンフロープラズマ技術を採用しているために、低温での処理を実現しています(サーモラベルで60度以下を実現)

Surfclean Inc., All Rights Reserved